日本語学校の訪問者…

Tudo bem?

今朝、日本語学校に行こうと家を出ると、近くの木から何かが落ちる音が…

ドサッ


ドサッ


ドサッ


見上げると、真っ青な大きな鳥が2羽、お食事中。
e0061888_08385204.jpg

e0061888_08311865.jpg
木の実のからを上から落としていました。

アララ(Arara)という鳥で、ブラジル紙幣にも印刷されている鳥です。

体長は優に1メートルを超える、世界最大のインコだそうです。

つがいでいることが多いそうです。夫婦仲良しの鳥です。

今回、日本語学校に来てくれたのはArara Azul(アララ・アズゥ)という青い種類。

他にも、Arara Amarela(アララ・アマレーラ)という黄色い種や、Arara Vermelha(アララ・ヴェルメーリャ)という赤い種もいます。

日本語学校には、他にも多くの訪問者が…

この方々は常連さんたち…
e0061888_08410583.jpg

他にも、巨大なイグアナ・巨大なカエルやカタツムリ・ホロホロ鳥・コウモリなどなど…

夜は道路にアルマジロも出るんですよ!池にはワニもいます。

今は数が少なくなり、見たことはありませんが、onça(オンサ、ジャガーのこと)やsucuri(スクリ、アナコンダのこと)もいます。

中々、ワイルドなところに生活しているなぁと改めて実感しました。

Tchau!

[PR]
by alianca2 | 2017-06-20 08:54 | 自然


<< 今年も日本祭り! フェスタ・ジュニーナ! >>